top of page

HPF2022 ポートフォリオレビュー

 

中西敏貴


今から15年ほど前のこと。僕はまだ大阪にいて、仕事をしながら写真を撮っていました。 ある時、知人からの誘いで東川町で開催されていたポートフォリオレビューに参加すること にしたのですが、レビューに参加するのは初めて。どのようにプレゼンしたらよいのか、そ もそもどんな写真を持っていけばいいのかと格闘し、当日を迎えました。結果は惨敗。「こ の写真は三脚を立てれば誰でも撮れますよね。ただ美しいだけで何も伝わってこない。」と いう趣旨のコメントだけが、記憶に残るレビューとなりました。


その数年後、北海道に移住し、プロとしての活動をスタートさせることになりました。大阪 生まれの僕が抱いていた北海道のイメージは、おおらかで美しい自然でしたから、移住後は そういった写真に邁進し、それが幸いにも仕事に直結するようになっていきました。一方 で、少しずつ心情の変化も起こり始めます。北海道の自然や風景を知るうち、土地の成り立 ちについても興味が拡張していくようになったのです。



10数年前の東川での苦い経験以降、自然をモチーフとした写真でどのように道を切り開い ていけば良いのかを模索していた僕にとって、その意識変化は新しいシリーズに取り組む きっかけとなっていきました。コロナ禍で仕事が減ったことが、シリーズに集中できる余裕 に繋がったことは皮肉ですが、ウクライナへロシアが侵攻したことは、シリーズのコンセプ トにも大きな影響を及ぼしました。


それら一連の作品を、どのように世に送り出していけば良いのかについて考えていた頃、 HPF2022のポートフォリオレビューがリアルで開催されることを知りました。あの時の苦 い経験をもうしたくない。けれど、この作品をどうにかして世に出したい。その葛藤を繰り 返し、最後は決意を持って望むことにしました。



レビュアーの方々は、僕がプロであるという事実とは関係なくレビューしてくださったように思います。この作品群がどのような意味を持ち、どこへ向かえばよいのかについて、的確 にアドバイスをいただくことができました。幸いにもグランプリをいただくことができましたが、作品に足りない部分を指摘いただけたことがなによりもありがたく、このレビューを 通して道が開けたように思います。今回の受賞はスタートラインに過ぎません。グランプリ の名に恥じぬよういい作品を完成させ、しっかりと世に送り出したいと、思いを新たにしま した。

感想を書くのは難しいですが、このゼミは長期的に効く「何か」が重要だと感じています。その「何か」を考える補助線がレクチャーでレビューは対話かな、と。


私はこのゼミが2度目の参加で合計10回のレビューに6年分の写真を出しました。今年4回目で小さなアルバムを出すと「次はタイトルと言葉をそえて」と提案があり、そこから2週間半、テーマの言語化に取り組みました。キーワードが見つかると一気に言葉がまとまり、そのイメージと写真を突き合わせたダミーブックで最後のレビューを受けました。この経験でテーマ作りからイメージ、写真とまとめる流れのひな形ができた気がします。


今年のゼミで、前回の「何か」が、感情に従いシャッターを切り自分の写真を選ぶことだったとわかりました。そして今「写真は深くて面白い」と純粋な気持ちになっています。どちらもゼミのおかげです。オンライン参加の枠を設けて下さったことにも心から感謝しています。





HPFに寄せて


HPFは僕が写真家として生きていくと覚悟を決めた最初の場所でした。


第一回HPFの半月前まで入院していたことを覚えている。

都合悪く閉鎖病棟に入れられていた僕は隣のベッドに眠るおじさんのいびきに悩まされつつ入院初期は本を読んでいた。可愛い看護婦さんに読書家ですね、なんて言われて照れた。

太宰治「人間失格」安部公房「カンガルーノート」寺山修司「少女詩集」飯沢耕太郎「私写真論」金村修とタカザワケンジ「挑発する写真史」などなど。とにかく濃厚な本に囲まれた病室で僕は何かを残したい。漠然とした思いを抱いていた。


僕は本が好きだ。写真集もとても好きだし、所有欲を満たし、誰かの生き様というか、経験の一部のようなものが肌に感じられるのがとても好きだ。

入院中濃厚な本に顔をうずめた状態で何か残したいという漠然な思いは、徐々に大きくなりつつあった。

写真かな、なんて思ったが。

でも僕は写真の道をやめようと思っていた人間だった。


なぜ僕が写真の道というか作家の道を諦めていたのかについてかくと辞書三冊分の物語ができてしまうので多くは語らないが、僕は写真の暴力性も、特殊さも。そして伝わらなさも万能ではないことも。病気で中退した専門学校時代になんとなく知ってしまったからである。


でもやっぱり写真しかなかった。


なぜ写真を撮るのか。これは謎だが。

好きだから、とかではない何か。僕には残されてしまったのが写真だった。

もしも僕に机に齧り付いて小説とかが書ける忍耐があれば何か変わっていただろうし、もしも僕にピアノが弾けたら、もしも僕に絵が描けたら。考えることはたくさんある。撮ると少し呼吸が楽になる、とでも言おうか。自分の一部が写真として残る感覚というか。そういうのはある。


でも、自分が社会に対して何かを残してしまうことに罪悪感すら抱くことがある。

それでも、たくさんの写真を見て、寄り添ってくれた写真は確かにあった。

それが少しの光だった。


私はもう、日本とか世界とか。そういうところに名を残したいとは思わない。

不特定多数の知らない誰かまで救おうとか。そんなことも思わない。

ただ一つだけあるとしたら。自分の大切な人たちに、自分がまだ生きているよ、そして生きていた。と伝わるような写真がより良い写真であればいい。そう思っている。


そのために一番いい形が写真集とか。大事な人がきてくれるなら展示もいいだろう。そういったものに耐えられるかどうか。

それを教えてくれるのがHPFだった。


退院後すぐにレビューに向けて作品を作るべく。自転車に乗って川を撮りに行っていた。撮ることで、なんだかもう写真やめられないんだなと予感していた自分がいた。


HPFはさまざまなことを教えてくれた。そして第3回の昨年から運営としてホームページ作成などをお手伝いしているが、本当に今でも色々な経験をさせてもらっている。


HPFに向けて退院後すぐに自転車を走らせた青年の川は今も続いている。なぜ川を撮っているのか。それはまた別の話…。


鈴木瑛大


ウェブページ

https://officephoton.com



bottom of page