Playback HPF ~ HPFの歩みを振り返る

第3回 2021年10月18日(月)~10月24日(日)

コロナ禍により2020年には中止を余儀なくされたHOKKAIDO PHOTO FESTA。ここも世界の中心をテーマに2021年はニューノーマルの中でより多くの方に参加していただけるよう、オンラインを中心に開催しました。

受賞展2.jpg

2021年10月18日(月)~10月24日(日)眺望ギャラリーテラス計画

「不自然な自然」は、北海道出身の写真家・桑迫伽奈のデビュー作品集。撮影時の身体感覚の再現をストレートな静止画とは別のアプローチで試み、撮影地(森や山)の成り立ちや“自然”という概念についても思いを巡らせたシリーズです。

グランプリ受賞作家インタビュー YouTubeアーカイブ

販売:https://www.shashasha.co/jp/book/unnatural-nature

​オンラインイベント

地方作家による対談イベント「ここも世界の中心」2021年10月18日(月)

 

北海道外で活躍する作家がどのようなテーマで作品をつくっているのか、またどのような思いで活動しているのか、3 名のゲストをオンラインでつないで対話を試みました。

聞き手/大橋 英児(HOKKAIDO PHOTO FESTA 実行委員会 代表、写真家)

ゲスト写真家/岩波 友紀(福島)、上原 沙也加(沖縄)、牟禮 朱美(鳥取)

YouTubeアーカイブ 

インタビュー「北を見つめる作家たち」

聞き手/桑迫伽奈(写真家)

 

北海道で暮らしながら制作する作家、ほかの土地で暮らしながら北海道を被写体にした作品をつくる作家など、ジャンルも境遇もさまざまな作家が写真を通して何を見ているのか、インタビューを通じて探りました。

2021年10月19日(火)ゲスト写真家/伊藤妹、鈴木瑛大          YouTubeアーカイブ

2021年10月20日(水)ゲスト写真家/石井陽子、勝見里奈、Toshi  YouTubeアーカイブ

2021年10月21日(木)ゲスト写真家/辻悠斗、藤倉翼        YouTubeアーカイブ

​レクチャー

 

「コレクターから見た現代美術と写真」2021年10月23日(土)

大西洋(CasePublishing 代表) 

現代美術のコレクターであり写真集の出版社代表でもある大西洋が、マーケットでの写真作品の位置づけ、コレクターの思い、日本と海外の違い、業界の裏話などを語ったほか、チャットを通じて受講者からの質問に丁寧に答えました。

 

「都市から離れて〜地方を拠点にした写真家たち」2021年10月24日(日)

タカザワケンジ(写真評論家)

写真術が発明されて以来、写真の歴史はニューヨーク、パリ、東京など大都市を中心に展開されてきたのに対し、地方はどのように表現されてきたのか。国内外の写真史を振り返り、写真作家の向き合い方を「写真芸術の追求」と「地域への愛と記録とそれ以外」の二つに整理して、詳しく紹介しました。

​ポートフォリオレビュー

オンライン会議システムZoomにて開催

  2021年10月23日(土)大西洋(CasePublishing 代表) 

2021年10月24日(日)タカザワケンジ(写真評論家)

​フォーラム

「平野禎邦を係留する」2021 年10 月24 日(日)かでる2.7

 

講師/中村絵美(長万部写真道場研究所/北海道開拓写真研究協議会)

根室に移り住み、14年間にわたって北洋漁業を撮影した平野禎邦(1944 〜1992)を取り上げ、遺族からお借りしたオリジナルプリントのビューイングの後、北海道開拓写真研究協議会の中村絵美さんによるレクチャーを伺いました。

HOKKAIDO PHOTO FESTA 2019 ポートフォリオレビューグランプリ受賞・出版記念写真
桑迫 伽奈 写真展「不自然な自然」