HPF selection1 「写真でつなぐ」スタート!!

HOKKAIDO PHOTO FESTAのポートフォリオレビュー・ファイナリストの写真作家2人と、屋久島国際写真祭 から推薦を受けた作家1名からなる写真展。10月24日(月)から30日(日)までモエレ沼公園ガラスのピラミッド スペース2にて展示します。








石井陽子 レンズ越しに見える世界に魅せられて、国内外を旅して動物を撮影している。2011年3月より、奈良、宮島などで人の街に棲み、人間たちの決めた境界線を軽やかに越えて街を闊歩している鹿たちを捉えたシリーズを開始。2015年12月リトルモアより写真集「しかしか」刊行。




岩波友紀 2001年から活動をはじめ、アジア、中東、バルカン半島などの写真を撮る。2003年から日本の全国紙のスタッフフォトグラファーとして、東京、仙台、大阪、福島を拠点に国内外のニュースやストーリーを撮影。2015年からフリー。福島県に在住し、東日本大震災と福島第一原発事故の取材を続ける。震災後のみちのくで民俗芸能により故郷とのつながりを紡ぐ人々を描く。




佐藤静香 2016年、屋久島国際写真祭に参加したことをきっかけに、東京での暮らし方に疑問を持ち、写真祭で出会ったフランス人の紹介で渡仏。フランスで1年間を過ごす中で、田舎の良さを見つめなおす。帰国したタイミングで募集のあった天草市の地域おこし協力隊に応募し、2019年から現職。天草の人、暮らし、風景を発信している。ポートレートの核ともいえる人物の顔を隠し撮影をする。

いずれの作家も現代においてどのような写真作品が可能か?という問いに取り組んでいます。被写体、撮影方法、プリント、展示方法、すべてに作家の意図がある「作家」の展覧会です。写真を「読む」楽しみをごゆっくりお楽しみください。






作家:石井陽子・岩波友紀・佐藤静香(屋久島国際写真祭招待作家) 会場:モエレ沼公園ガラスのピラミッド スペース2 札幌市東区モエレ沼公園1-1 会期:2022/10/24(月)~30(日) 10:00~17:00