​平野禎邦プロフィール

​フォーラム

1944年朝鮮咸鏡北道生れ。
1983年写真集「北洋」(小学館)出版。
写真作品「エトロフ沖十二浬」で通産大臣賞受賞。
銀座ニコンサロンで個展「千島の海」(1973年)、「釧路湿原」(1986年)開催。
マグロ漁、北洋のカニ漁やタラ漁、釧路湿原の作品を雑誌「世界」に発表。

1992年10月29日胃癌のため逝去。同年11月、根室市教育委員貢献賞受賞。

 

 平野禎邦はかつての北洋漁業の漁船に乗り、14年間にわたり北洋を撮り続け写真集「北洋-俺たちの海」を1982年に上梓した。この時代の”北洋”はあらゆる海産資源を取り放題の時代から、漁業権がものをゆう時代への変革期に有り、丁度少し遅れて起こったバブル崩壊の日本とダブらせる。命さえ削るほど厳しい冬の北洋を、延べ百隻あまりの漁船に乗って撮り続けた平野禎邦の情熱はどこから来た物であろうか。そんな人物像とあの時代をみなさんと話してみたい。

北洋写真.jpg